イニエスタ 2試合連続ゴール!ポドルスキと“神競演”再び 首位・広島と引き分ける

[ 2018年8月15日 21:36 ]

明治安田J1第22節   神戸1-1広島 ( 2018年8月15日    ノエスタ )

<神戸・広島>前半17分、同点ゴールを決める神戸・イニエスタ(中央)   (撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 神戸のMFアンドレス・イニエスタ(34)が首位の広島戦で、2試合連続得点となる同点ゴールを決め、1−1で引き分けた。

 1点を先行された直後の前半17分。ペナルティーエリアの外、左サイドでボールを受けるといったん静止。ディフェンスを巧みなステップでかわし、右へ切れ込みながらミドルシュートをゴール左隅に突き刺した。

 同点につながるパスは、FWルーカス・ポドルスキ(33)から。11日の来日初得点を決めた磐田戦に続き、スーパースターの2人がまたも貴重な得点を生んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年8月15日のニュース