セレッソ健勇 連戦OK!炭酸風呂で回復、ACLブリラム戦「勝たなアカン」

[ 2018年3月14日 05:44 ]

ACL1次リーグG組   C大阪―ブリラム ( 2018年3月14日    ヤンマー )

ブリラム戦を控え調整する杉本(右)らC大阪イレブン(左は山口)
Photo By スポニチ

 C大阪は14日にACL1次リーグ第4戦ブリラム戦(ヤンマー)を迎える。13日に大阪市此花区で最終調整。先発出場が濃厚な日本代表FW杉本健勇(25)は過密日程ながら、最近は炭酸風呂で回復を図っており疲れ知らず。グループ3位から浮上するため、公式戦6試合ぶりとなる勝利を呼び込む。 G組順位表

 公式戦5試合連続未勝利と苦しむ中、杉本の表情は鋭気に満ちていた。2トップの一角で先発出場が濃厚なブリラム戦に向け、13日に最終調整。シュート練習を終えて引き揚げてきたエースは「(試合に)出たい。ホームやしね。選手によって疲労度の差はあるけど、自分は(連戦でも出る)そのための準備をしてきた」と力強く言い切った。

 フル出場した10日のリーグ柏戦から中3日。ブリラム戦を終えれば、再び中3日でリーグ神戸戦を迎える。今季開幕から約1カ月ながら、過密日程を強いられる中で清武や福満、秋山、柿谷と離脱者が増えてきた。ただ、杉本は至って元気。自身が語った「そのための準備」のひとつが炭酸風呂だ。

 「最近、よく入ってますね」と明かした炭酸風呂。自宅で炭酸泉装置と炭酸ガスボンベを使用し、シュワシュワの湯船にゆったりと漬かっている。皮膚から浸透する炭酸ガスによって毛細血管は広がり、血流が良くなることで新陳代謝が上がり疲労回復効果は抜群。総額で費用はかさむものの「選手は自分に投資してナンボ」と意に介さない。

 ここまで1勝1分け1敗で現在3位。この一戦に勝てば首位に再浮上する可能性もある。「“勝ちたい”というより“勝たなあかん”」。勝ち点3だけを求めてピッチに立つ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年3月14日のニュース