PR:

ギリシャリーグ無期限中断…PAOKオーナーが銃持ち乱入

試合後ピッチに乱入するPAOKサロニカのサビディス会長(右から2人目)(AP)
Photo By AP

 ギリシャ政府は12日、サッカーの国内1部リーグの無期限中断を発表した。

 同リーグでは11日、PAOKサロニカ―AEKアテネ戦で、PAOKサロニカのサビディス・オーナーが主審の判定を不服とし、銃を携帯したまま2度ピッチに乱入する騒動が勃発。同オーナーは地元警察にピッチ外へと誘導されたが試合はそのまま中止となった。AEKアテネは同会長が審判や周囲の関係者を脅したとも主張している。事態を重く見たFIFAは「このような行為を強く非難する」と声明を発表。ギリシャ政府も「今回の件に関し明確なルールを定めない限り、リーグは再開しない」とした。

[ 2018年3月14日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:06月24日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム