長友 2戦連続絶妙アシスト、決勝ボレー弾演出に「最高の日」

[ 2018年3月13日 05:30 ]

トルコリーグ・第25節   ガラタサライ2―1コンヤスポル ( 2018年3月11日 )

コンヤスポル戦の後半、競り合うガラタサライの長友(右)
Photo By 共同

 リーグ6試合連続で先発したガラタサライDF長友が2戦連続のアシストを記録した。1―1の後半41分、左サイド突破から左足でクロスを送り、FWシナン・ギュミュシュのボレー弾を演出。そろってお辞儀ポーズも披露した。

 自身のツイッターに「勝ちました!僕のクロスをシナンが素晴らしいボレーで決めてくれました!これが決勝点となり、2人でのお辞儀パフォも決まり、最高の日となりました」とコメント。チームは3連勝で首位をキープした。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2018年3月13日のニュース