ユーベ、首位復帰 フィオレンティーナは主将にささげる白星

[ 2018年3月13日 05:30 ]

ウディネーゼ戦で得点し、喜ぶユベントスのディバラ(左)とイグアイン(AP)
Photo By AP

 イタリア・セリエAは第28節の8試合が11日に行われ、リーグ7連覇を目指すユベントスはアルゼンチン代表FWディバラの2得点などで2―0とウディネーゼを下し、11連勝。勝ち点を71に伸ばし、1試合消化が多い同70のナポリを抜いて第3節以来の首位に復帰した。

 また4日に急逝した主将のアストリ選手(享年31)の追悼試合で、フィオレンティーナは1―0でベネベントに勝利した。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2018年3月13日のニュース