J3琉球・播戸 移籍後初実戦で初ゴール 目標は「優勝と2ケタ得点」

[ 2018年2月8日 12:55 ]

G大阪MF遠藤(左から3人目)らとの旧交を温める琉球FW播戸竜二(右から4人目)
Photo By スポニチ

今季からJ3琉球に加入した元日本代表FW播戸竜二(38)が移籍後初実戦で、初得点を挙げた。G大阪と練習試合(30分×3本)を行い、2本目の17分にゴール。左からのクロスをGKが弾いたところを押し込んだ。試合はトータル1―4で敗れたが「コンビネーションや動き出しの部分はまだまだだけど、結果が出たのは良かった」と喜んだ。

 昨年限りで大宮を退団。「自分を必要としてくれるクラブ、地域に貢献したい」と望み、琉球から「J2昇格のために力を貸して欲しい」と熱烈なアプローチを受けた。「楽しくやれている。カテゴリーが下がったけど、サッカーができることは幸せ」。かつてはG大阪やC大阪などの強豪クラブに所属、日本代表としても国際Aマッチ通算7試合2得点。勝者のメンタリティーを持っており、持ち前の明るさも健在。「いち選手としてだけやなく、プラスアルファを含めてもたらせたら」と話しつつ「でも選手で活躍できるのが一番。チームとしてはJ3で優勝して昇格、個人としては2ケタ得点を取りたいね」と怪気炎を上げた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年2月8日のニュース