ビーチサッカー日本代表監督にラモス瑠偉氏が復帰 過去4度W杯を指揮

[ 2018年2月8日 17:42 ]

ラモス瑠偉氏
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会は8日、来年のワールドカップ(W杯)を目指すビーチサッカー日本代表監督にラモス瑠偉氏(60)が就任すると発表した。コーチには牧野真二氏(41)が就任する。14日に会見予定。

 ブラジル出身で2月9日に61歳の誕生日を迎えるラモス氏は、現役時代に日本代表の10番として活躍。現役引退後は2006年から2年間に渡ってJ2東京V監督を務め、14年から16年にはJ2岐阜でも監督を務めた。

 ビーチサッカー日本代表においては05年リオデジャネイロ大会、09年ドバイ大会、11年ラベンナ大会、13年タヒチ大会と計4度のW杯で監督を歴任。コーチに就任した牧野氏は選手としてW杯に7度出場している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年2月8日のニュース