ケルン大迫、今節MVP 独専門誌「タイミングの感覚が完璧」

[ 2017年1月31日 05:30 ]

 28日にダルムシュタット戦で2得点1アシストと大勝に貢献したケルンの日本代表FW大迫が、30日付の専門誌キッカーからリーグ全体の今節の最優秀選手に選ばれた。同誌は「判断が早く、ボールキープができ、タイミングの感覚が完璧だった」などと評価した。

 1部リーグ全体の最優秀選手に日本人が選ばれたのは、2015〜16年シーズン第11節の武藤嘉紀(マインツ)以来で、今季は初めてとなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年1月31日のニュース