ヘント久保に称賛「ニンジャ」「カワセミ」首位撃破の初陣FK弾!

[ 2017年1月31日 05:30 ]

ベルギー1部リーグ・第24節   ヘント2―0クラブ・ブリュージュ ( 2017年1月29日 )

<ヘントVSクラブ・ブリュージュ>FKを決め、駆けだすヘントの久保
Photo By 共同

 ベルギー1部ヘントへ移籍し、デビュー戦ゴールを決めた日本代表FW久保裕也(23)が早速、指揮官の信頼をつかんだ。

 29日の首位クラブ・ブリュージュ戦。後半8分、左45度で得た約20メートルのFK。バンハーゼブルック監督からキッカー役を指示された久保に迷いはなかった。3枚の壁の上を越えた強烈なシュートはGKの反応も及ばず豪快にネットを揺らした。「結果を出せたことに関しては何も言うことはない。チームに貢献するのは絶対条件ですからね」と声を弾ませた。

 ベルギー紙ヘット・ニウスブラットは「日本のニンジャ」と驚きを隠さず、前半から積極的な仕掛けでチャンスをつくった久保を「飛んでいるカワセミのようだ」とブリュージュ相手に危険な存在であったと例えた。今冬20人の補強リストの中で最上位に位置づけ、自ら獲得を熱望したバンハーゼブルック監督も「とてもプロフェッショナル。メンタルもしっかりしている。来てくれて本当にうれしい」と目を細めた。

 「コンディションが上がれば、もっと良くなる」と力を込める久保。ハリルジャパンの新鋭はさらなる進化を見据えた。(ヘント・堀秀年通信員)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年1月31日のニュース