マインツ武藤、幻復帰弾に「悔しい…」 ドルト香川は出番なし

[ 2017年1月31日 05:30 ]

ブンデスリーガ・第18節   マインツ1―1ドルトムント ( 2017年1月29日 )

<マインツ・ドルトムント>後半、競り合う武藤(右)
Photo By 共同

 マインツのFW武藤の復帰後初ゴールは幻となった。1トップで先発し、前半15分に最終ラインからのパスに抜け出して左足でネットを揺らしたが、判定はオフサイドだった。「映像見てもギリギリ。悔しいですね」。それでも交代する後半29分までにチーム最多33本のスプリントを記録。前日に2得点したケルンFW大迫の活躍に「負けていられない」と発奮し、豊富な運動量を見せた。

 クラブは29日に元スペイン代表FWボージャンの加入を発表。次節にはFWコルドバが出場停止明けで復帰する。し烈になる先発争いに向け「ここで踏ん張って自分も成長しないと」と誓った。ドルトムントの香川は出番がなかった。(マインツ・山口裕平通信員)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年1月31日のニュース