清水、名門復活へ元日本代表・市川氏に入閣要請 ウタカ復帰は…

[ 2016年11月21日 06:04 ]

明治安田生命J2最終節 ( 2016年11月20日    鳴門大塚 )

清水は名門復活へ元日本代表DF市川のフロント入りを要請する方針だ

 清水は目標のJ1昇格を果たしたことで今後、名門復活へ強化を進める。今季就任した小林監督の続投は基本線。先月29日に現役を引退したクラブOBの元日本代表DF市川大祐氏(36)にはフロント入りを要請する方針だ。

 市川氏は清水ユース出身で、98年には17歳322日の史上最年少で日本代表デビュー。98年W杯フランス大会はバックアップメンバーとして経験を積み、02年の日韓大会では右サイドバックとしてベスト16入りに貢献。清水のサイドバックには20歳のDF松原后ら有望株が所属する。市川氏の入閣となれば、育成面での効果も期待される。

 一方で、広島に期限付き移籍中のFWピーター・ウタカ(32)はJ1で得点王を獲得したことで高年俸がネック。復帰は微妙な状況だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年11月21日のニュース