浅野 後半出場も「機能しなかった」無得点 細貝フル出場も大敗

[ 2016年10月17日 05:30 ]

ドイツ2部 ( 2016年10月15日 )

ディナモ・ドレスデン戦の後半、競り合うシュツットガルトの浅野(左)
Photo By 共同

 ドイツ2部シュツットガルトの日本代表FW浅野は15日、敵地でのディナモ・ドレスデン戦に0―3の後半開始から出場し、無得点に終わった。

 MF細貝もフル出場した一戦は、0―5で大敗。決定機を逃した浅野は「一試合一試合結果を残していかないと試合には出られない。今日もチャンスがあった分、こういう結果になって危機感を感じている」と悔やんだ。

 16日付のシュツットガルター・ツァイトゥング紙も「後半から入ったこの日本人は前線にとどまったが、機能しなかった」と低評価だった。 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年10月17日のニュース