リオの雪辱だ!大島&浅野抜てき 指揮官「A代表に何かをもたらす」

[ 2016年8月26日 05:30 ]

リオ五輪組から選出され、期待される大島

W杯最終予選代表24選手発表

 五輪の借りはW杯で返す。リオデジャネイロ五輪代表からはMF大島とFW浅野が選出された。五輪は1次リーグで1勝1分け1敗の3位。決勝トーナメント進出は果たせなかったが、存在感を示し、W杯アジア最終予選に抜てきされた。

 五輪で抜群のパスワークを見せたのが大島だ。攻撃の起点となってリズムをつくり、日本に流れを呼び寄せた。A代表は初招集だった6月のキリン杯に続き、2度目の招集。この日は体調不良で川崎Fの練習を休み自宅で静養した。きょう26日に復帰予定で、クラブを通して「選出してもらって、とてもうれしく思っている。チームの勝利のために最善を尽くし、責任と感謝の気持ちを持って頑張っていきたいと思う」とコメントした。ブラジルから帰国してすぐにインフルエンザで発熱。それでも、前節の浦和戦ではフル出場でタフなところを見せた。キリン杯では試合出場の機会がなかったが、今回は日本代表デビューを狙う。

 また、リオ五輪で2得点の浅野はアーセナルからの期限付き移籍先を探している最中だが、ハリルホジッチ監督は個別のトレーニングを課すなど、快足アタッカーへの期待は大きい。

 指揮官は「大島はかなりクオリティーがある。アグレッシブさはまだまだで、伸びしろもある。若い選手を信頼して使わないといけない。将来大島と浅野がA代表に何かをもたらす可能性はかなり高い」と若いサムライに信頼を寄せた。 

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年8月26日のニュース