長友と麻也がK組で対戦 欧州リーグ1次L組み合わせ決まる

[ 2016年8月26日 22:22 ]

 サッカーの欧州リーグの1次リーグ組み合わせ抽選が26日、モナコで行われ、長友佑都のインテル・ミラノ(イタリア)は吉田麻也のサウサンプトン(イングランド)、スパルタ・プラハ(チェコ)などと同じK組に入った。

 武藤嘉紀のマインツ(ドイツ)はアンデルレヒト(ベルギー)サンテティエンヌ(フランス)などとC組、内田篤人のシャルケ(ドイツ)と南野拓実のザルツブルク(オーストリア)はともにI組。久保裕也のヤングボーイズ(スイス)はB組でオリンピアコス(ギリシャ)など、瀬戸貴幸のアストラ(ルーマニア)はE組でローマ(イタリア)などと対戦する。

 1次リーグは48チームが12組に分かれ、各組上位2位に欧州チャンピオンズリーグ(CL)の1次リーグ各組3位の8チームを加えた32チームが決勝トーナメントに臨む。第1戦は9月15日に行われる。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年8月26日のニュース