“イクメン”中村憲剛、第3子次女誕生にデレデレ「いやー本当に天使だわ」

[ 2016年3月31日 13:45 ]

第3子となる次女が誕生した川崎FのMF中村憲剛(右)

 J1川崎Fの元日本代表MF中村憲剛(35)が30日深夜に自身のブログを更新。3月29日に第3子となる次女が誕生したことを発表した。

 中村は「中村家に3番目の子どもが誕生しました!!女の子です。なので次女になりますね」と報告。「いやー本当に天使だわ。久しぶりの赤ちゃんにパパのタレ目の角度はただでさえアレなのに、もはや測定不能になっております。笑」とうれしそうに続けた。

 6年ぶりとなる赤ちゃん誕生に大喜びの中村家。だが、出産に至るまでは大変だったそうで、加奈子夫人について「14週で破水して緊急入院。そして退院後は家で絶対安静の日々。妻は10月末から約半年間いつどうなってもおかしくないという緊張状態で赤ちゃんをお腹の中で留めることは本当に大変だったと思います」と打ち明け、「2人の子どもたちにはいろいろと我慢をさせることが多く、申し訳なかったのですが、その中で2人がいろいろなことが1人でできるようになって成長していく姿には本当に勇気づけられました」とこの半年あまりを振り返った。

 そして、「検診に行って帰ってくる度にみんなで安堵し、1日ずつ、1週ずつを目標にしました。入院当初はみんなから笑顔は消えましたが、まずはみんなで元気に笑顔でママの誕生日を迎えよう、クリスマス、正月を迎えよう。フロンターレの新シーズンが始まったのはあと約3ヶ月のところでした。安定してきたとはいえ一次キャンプ、二次キャンプ中は正直、毎日気が気ではなかったです」と打ち明けた中村。「目の前に出てきた娘をみて涙を堪えることはできませんでした。この家族のもとに来てくれて本当にありがとう。これ以上ないくらいの愛情を込めてみんなで育てたいと思います。」と誓った。

 中村は加奈子夫人との間に2008年9月25日に長男の龍剛(りゅうご)くん、10年4月8日に長女の桂奈(けいな)ちゃんが誕生。子ぼんのうで知られるだけに「次の目標は3人連れて選手入場だな」とさらなる気合を入れた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年3月31日のニュース