G大阪 リオ世代で初勝利を!西野、先発、呉屋もベンチ入り

[ 2016年3月6日 07:27 ]

G大阪DF西野は6日、甲府戦で今季初先発の可能性が高まった

明治安田生命J1第1S第2節 G大阪―甲府

(3月6日 中銀スタ)
 リオ世代コンビが今季初勝利へ勢いを付ける。G大阪は6日に敵地で甲府と対戦する。DF西野は今季初先発の可能性が高まり、関学大卒新人FW呉屋もプロ初のベンチ入りを果たした。

 「コンディションは悪くない」と西野。年末に左太腿を痛め、リオ五輪出場を賭けたアジア最終予選は欠場せざるを得なかった。2月28日の練習試合・奈良クラブ戦で今季初フル出場。やっと巡ってきたチャンスに「自分にできることをしっかりやる」と五輪本戦へ向けたリスタートに意気込みを見せた。

 呉屋はキャンプで得点を量産してアピールしてきたが、層の厚い攻撃陣が壁となってきた。甲府戦はFWパトリックが左太腿、FWアデミウソンも左足を痛めてベンチ外。「悔しい気持ちを持っていたし、それをぶつけたい。この1戦が勝負と思っている」とゴールへの執着心を強めた。

 チームは公式戦4試合勝ち星なし。昨年は甲府相手にシーズン初勝利を挙げ、5連勝と乗った。若き2人がチームを目覚めさせる起爆剤になる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年3月6日のニュース