FC東京 ターンオーバー制採用 鹿島戦で9人入れ替えへ

[ 2014年3月19日 05:30 ]

 FC東京のフィッカデンティ監督が19日のナビスコ杯・鹿島戦で大胆なターンオーバー制を導入する。

 18日は「何かしら変える」と言葉を濁したが、ほぼメンバーを固定していたリーグ戦から若手を中心に実に9人もの選手を入れ替えて臨む可能性が高まった。指揮官はイタリア時代にもカップ戦では若手にチャンスを与えており「若手の成長はクラブの財産だ」と鹿島戦を皮切りに大胆な選手起用でチームの底上げも図る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2014年3月19日のニュース