浦和・浜田が完封貢献 五輪メンバー入りへアピール

[ 2012年6月28日 06:00 ]

<浦和・広島>後半、石川(右)と競り合う浜田

ナビスコ杯・予選リーググループA 浦和3―0広島

(6月27日 埼玉)
 五輪予備登録メンバーの浦和のDF浜田が完封勝利に貢献した。

 リーグ戦は最近5試合出場機会がなかったが、3バックの右で堅実なプレーを見せ「ミスを少なくすることを意識した。冷静に全体を見られた」と五輪メンバー入りをアピール。この日は関塚ジャパンの鈴木大(新潟)、永井(名古屋)、大迫(鹿島)が得点。「同世代の活躍は刺激になる。だけど、自分は100%の力を出すだけ」と静かに闘志を燃やした。同じく五輪予備登録メンバー原口はベンチ入りしたものの出場しなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年6月28日のニュース