PR:

FC東京・米本「失うものはない」抜群の存在感

<FC東京・柏>後半、軽快な動きを見せる米本

J1第9節 FC東京0―1柏

(6月27日 国立)
 逆転の五輪切符に向け、五輪予備登録メンバーのFC東京・米本が抜群の存在感をみせた。鋭い出足で相手のチャンスボールを次々と回収。前半39分にはゴール前で体をなげうち、相手FW沢のシュートをブロックした。「これまで(代表に)呼ばれてない僕には失うものはない。守備の面ではアピールできたと思う」。視察したU―23日本代表の関塚監督の視線をクギ付けにした。

 万全なら主軸候補だった。だが昨年4月に自身2度目の左膝じん帯損傷。その後、2度の手術を経て通常は両足で6本あるじん帯が4本に減った。それでも過酷なリハビリを乗り越え、ピッチの全域をカバーする運動量、危機察知能力は全盛期のそれと遜色ないレベルに復活してきた。

 「まだ攻撃の部分が…。このチームはパスが生命線なのにそこがもっとできないと。守備でも“前の自分”ならもっと寄せられた。世界はもっと速いと思うんで」とさらなる高みを見据えた。

[ 2012年6月28日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:07月21日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム