オランダ代表指揮官が辞任 EURO惨敗で批判高まり

[ 2012年6月28日 08:44 ]

 オランダ・サッカー連盟は27日、ベルト・ファンマルバイク監督(60)が辞任したことを発表した。

 ファンマルバイク監督は、昨年末に2016年までの長期契約を結んでいたが、契約を解消することが決まった。

 同監督は10年W杯南アフリカ大会で同代表を準優勝に導き、欧州選手権予選でも圧倒的な強さで、本大会に進出を決めた。しかし、本大会グループリーグを3戦全敗で敗退すると、同監督への批判が高まっていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年6月28日のニュース