攻め切れなかったポルトガル「最初の90分間で決められていれば…」

[ 2012年6月28日 10:05 ]

<ポルトガル0―0(PK2-4)スペイン>準決勝敗退に遠くを見つめるポルトガル代表のFWロナウド
Photo By スポニチ

欧州選手権準決勝 ポルトガル0―0(PK2-4)スペイン

(6月27日)
 ポルトガルは中盤で果敢にスペイン・ボールにプレッシャーをかけ、世界王者を苦しめた。

 ゴールはなかったが、前後半の90分間では相手より好機の数は多かった。ベント監督は「最初の90分間で決められていれば…」と悔やんだ。

 1次リーグ初戦でドイツに敗れながら、盛り返して4強入り。今大会3得点でチームを引っ張ったロナルドは「自分たちはいいプレーをした。決勝進出に値したはずだ」と悔しさを隠して言った。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年6月28日のニュース