内容では勝っていた…本田「もし感じていなければアホか秘策があるか」

[ 2012年6月13日 09:06 ]

<オーストラリア・日本>後半、イエローカードを受けた本田は“なんで”のポーズ

W杯アジア最終予選B組 日本1-1オーストラリア

(6月12日 ブリスベーン)
 本田は後半20分に右サイドから中央へグラウンダーのクロスを送り、DF栗原の先制弾をアシスト。1―1で迎えた後半ロスタイムにはFKを蹴ろうとした瞬間に試合終了の笛が鳴り、最大の見せ場をつぶされた背番号4は思わず苦笑いした。

 試合内容には手応えがあった。序盤は相手のパワーに圧倒されたが、前半の中盤以降は徐々にボールを支配。後半11分に相手に退場者が出てからは主導権を握っただけに「はっきり言えるのはオーストラリアよりも僕らの方が良いサッカーをしていた。それはオーストラリアの選手も感じていたと思う。もし感じていなければ、アホか秘策があるのかのどちらか」と笑みを浮かべた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2012年6月13日のニュース