ACL全滅…危機的状況受け、敗因徹底分析へ

[ 2012年6月13日 06:00 ]

 J1、J2実行委員会が12日、都内で行われた。今季のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)に参戦した日本勢の柏、名古屋、G大阪、FC東京の4クラブが全て敗退した危機的状況を受け、今後、Jリーグ側が各クラブにスタッフを派遣し調査した上で技術、運営、日程などの面で敗因を徹底分析することを決定。

 競技・事業統括本部長は「4クラブとも経験のある監督。日本サッカーに足りないものを指摘し、何らかを示唆していただければ」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年6月13日のニュース