「楽しかった」原口 中盤で攻撃にリズム

[ 2011年6月2日 06:00 ]

<日本・オーストラリア>前半、1点目のゴールを決めた永井(左)は原口と抱き合い歓喜する

国際親善試合 U―22日本代表3―1U―22オーストラリア代表

(6月1日 東北電ス)
 MF原口は後半11分にドリブルで中央に切れ込みシュートを放つなど、存在感を見せた。左サイドに入り、右サイドの清武とポジションチェンジをしながら中盤でリズムをつくった。

 試合後は「楽しかった」と笑顔を見せ、「シュートまでいけた。あとは決めるだけ」と収穫と課題を口にした。オーストラリアの高さに関しては「自分たちの能力なら崩せた」と話しクウェート戦の手応えを感じた様子だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年6月2日のニュース