楢崎「気持ち伝わってきた」募金に5000人

[ 2011年3月20日 06:00 ]

募金活動をする名古屋の(右から)小川、楢崎

 名古屋は19日、東日本大震災の被災者を支援するため、名古屋市内で募金活動を行った。

 選手21人とスタッフらが参加。商業施設の広場で1時間にわたり支援を呼び掛け、約5000人が募金に応じた。協力した一人一人と握手を交わしたGK楢崎は「みんなの気持ちを(被災地に)届けてほしい、というのが伝わってきた」と話した。集まった義援金395万3393円はJリーグなどを通じて寄付される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年3月20日のニュース