川島、アジア杯“勝利のグローブ”を出品

[ 2011年3月20日 06:00 ]

アジア杯優勝を決めFW李忠成(右)と抱き合うGK川島

 ベルギー1部リーグ・リールセの日本代表GK川島永嗣が18日に自身のブログで、日本プロサッカー選手会のチャリティーオークションにアジア杯決勝でつけていたグローブを提供したことを明かした。

 東日本大震災の被災者支援のために「思い出として残しておこうと思っていましたが、あの時たくさんの人がくれたパワーを、このチャリティーを通してお返しすることができれば」とコメント。入札は23日までで、19日時点で応札額は20万円を超えている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年3月20日のニュース