東京V、街頭募金活動で義援金245万円

[ 2011年3月20日 06:00 ]

サポーターが購入した歴代ユニホームにサインをする東京Vの選手たち

 J2東京Vは19日、世田谷区内でのチャリティーイベントに続き、成城学園前駅でも募金活動を行い、震災被災地に送る計245万115円の義援金が集まった。

 選手ら私物オークションでは元日本代表MFの中村忠ユースコーチの代表ユニホームが6万円で落札されるなど“お宝”も。05年に仙台でプレーしたDF富沢主将は「小さなことを少しずつやって大きなものを届けられるように努力したい」と神妙な顔で話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年3月20日のニュース