宮城県出身の今野、サポーターの支援に「大きな力」

[ 2011年3月20日 06:00 ]

練習後、サポーターに義援金を呼び掛ける今野

 宮城県出身でJ2FC東京の日本代表DF今野が19日の練習後、サポーターに震災の被災者への義援金を募った。

 募金活動を行うのは初めてだったが「ありがとうございます」と協力したサポーター一人一人に丁寧に頭を下げた。200人以上から合計31万5355円が集まり「凄い。大きな力になると思った」。今野は宮城県出身者のJリーガーで連携してチャリティー活動や募金などを行う方向で調整している。29日の慈善試合に向けては「全力でプレーする。それを見て(被災者が)元気になってくれれば」と抱負を語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年3月20日のニュース