「こう見えても緊張」武豊 シュガークンとのコンビでダービー7勝目へ「チャンスはある」

[ 2024年5月20日 15:55 ]

白馬ロボットにまたがる武豊
Photo By スポニチ

 騎手の武豊(55)が20日、神田明神ホールで行われた「日本ダービー PR発表会」に、俳優の佐々木蔵之介(56)、女優の見上愛(23)とともに出席。シュガークン(牡3=清水久)で臨む日本ダービー(26日、東京芝2400メートル)への意気込みを明かした。

 歴代最多6回の日本ダービー制覇の記録を持つレジェンド・武豊。G1通算勝利数も81回を数えるが、中でも日本ダービーは「特別なレース」だという。「子どもの頃から一番好きなレース。ダービーが近づくとワクワクするし、騎乗できるのが嬉しい」とダービーへの思いを明らかにした。

 事前に寄せられた質問から「レース前のルーティーン」を問われると、「全くないですね。こういう時に言えるものが欲しいんだけど、ないですね」と回答。「その日その日で飲むもの食べるものは変わります」と常に自然体でレースに臨んでいると語った。それでもジョッキー仲間にはルーティーンを確立している人もいるそうで、「かっこいいなと思い、何かやろうと思うけど全く続かない」とルーティーンへの憧れを明かした。佐々木、見上の双方もルーティーンはないそうで、見上「これを機に3人で始めましょう」と言うと、「そうですね」と笑顔を見せた。レジェンド流ルーティーンが完成する日が待ち遠しい。

 最後に「日本ダービーへの意気込み」を問われると、「残り1週間を切って、こう見えても緊張している。ダービー7勝目を目指して、チャンスはあると思っている。頑張ります」と力強くコメントした。
 

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月20日のニュース