【オークス】サンデーレーシング 馬主最多の樫4勝目 吉田代表「距離はあった方がいいと思ってた」

[ 2024年5月20日 04:29 ]

<東京11R・オークス>レースを制したチェルヴィニア(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 サンデーレーシングは昨年リバティアイランドに続き連覇。オークス4勝は馬主最多となった。

 吉田俊介代表は「強い競馬でしたね。元々、距離はあった方がいいと思っていました。オークスで2着だったお母さん(16年チェッキーノ)もそうですが、(祖母)ハッピーパスから凄く大事にしている血統。大切にしていたらこうして強い馬が出てくれるんですね。秋にどこへ向かうかはこれから相談して考えたいと思います」と目を細めた。

続きを表示

「2024 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年5月20日のニュース