【オークス】ノーザンファーム“連覇”で樫11勝目 中島GM「木村先生に感謝してます」

[ 2024年5月20日 04:28 ]

<東京11R・オークス>レースを制したチェルヴィニア陣営。左端は木村師(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ノーザンファーム生産馬は、昨年のリバティアイランドに続いてオークス11勝目。

 中島文彦ゼネラルマネジャーは「ここに来てハービンジャー産駒の良いところが出てきて距離はマイルから2400メートルまで幅広く持ちますね。世代トップクラスの力があると思います。木村先生がしっかり調教してくださって結果が出ました。感謝しています」と喜んだ。下は全て牡馬で2歳アルレッキーノ(国枝、父ブリックスアンドモルタル)、1歳(父エピファネイア)、当歳(父エフフォーリア)がいる。母チェッキーノはイクイノックスの子を受胎中。

続きを表示

「2024 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年5月20日のニュース