【オークス】記録アラカルト

[ 2024年5月20日 04:25 ]

 【騎手】ルメールは22年スターズオンアース以来の勝利で通算4勝目、嶋田功元騎手の5勝に次ぐ勝利数。JRA・G1は23年ホープフルS(レガレイラ)以来で通算51勝目。10年連続のJRA・G1制覇となった。

 【調教師】木村師は5頭目の出走で初勝利。JRA・G1は23年ホープフルS(レガレイラ)以来で通算9勝目。

 【ハービンジャー産駒】11頭目の出走で初勝利。JRA・G1は23年マイルCS(ナミュール)以来で通算7勝目。

 【馬主】サンデーレーシングは23年リバティアイランドに続く勝利で、通算4勝目は最多勝利数。連覇は吉田照哉氏(10年サンテミリオン、11年エリンコート)以来2組目。JRA・G1は高松宮記念(マッドクール)に続いて今年2勝目、通算77勝目。

 【生産者】ノーザンファームは23年に続く勝利で通算11勝目。JRA・G1は皐月賞(ジャスティンミラノ)に続いて今年3勝目、通算205勝目。

 【関東馬】22年以来の勝利で通算成績は関東馬47勝(1着同着となった10年の2勝含む)、関西馬39勝。

 【馬番】12番枠の馬は初勝利。

 【最高馬体重】4着クイーンズウォークの馬体重522キロは成績公報に馬体重を掲載した71年以降では07年ザレマと並び、当レース出走馬の史上最高馬体重。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「北九州記念」特集記事

2024年5月20日のニュース