【西武園競輪・F1ナイター ガールズ初日7R】12連勝中の児玉碧衣「気持ちをリフレッシュしてきた」

[ 2024年5月19日 15:32 ]

心身共にリフレッシュしてきた児玉碧衣
Photo By スポニチ

 <西武園初日7R>

 久留米G1「オールガールズクラシック」を完全優勝した児玉碧衣(29=福岡・108期)が登場。29歳の誕生日だった8日決勝の小倉も3連勝で制し、目下12連勝中の児玉は「練習よりも気持ちをリフレッシュしてきた」とメンタル面に重きを置いて西武園に乗り込んだ。

 同じ轍(てつ)は踏まない覚悟だ。昨年は岸和田「パールC」で女子初のG1覇者となったが、誰よりも早くガールズグランプリの出場権をゲットしたことでモチベーションを保つのが難しくなり、後半戦は満足いく成績を残せなかった。そのため「今年は気持ちを切らさずにいきたい」。こう話して強い決意をにじませた。

 「気持ちを切らさないためのリフレッシュをしてきた」と話す児玉は、大阪・吹田の万博記念公園で開催された音楽イベント「ごぶごぶフェスティバル2024」に参加。自身のSNSで、大ファンと公言している歌手の倖田來未(41)と念願の初対面を果たしたことを報告した。これ以上ないエネルギーを注入してもらい気分は最高潮だ。

 ライブを楽しみ“充電完了”した児玉は「いい流れで(次走の)パールCへ行きたい」と表情を引き締める。内容と結果を追求して3日間を戦い抜く。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月19日のニュース