【平和島ボート G2モーターボート大賞】奈須啓太が特別戦初V 不惑のベビーフェースが横綱相撲

[ 2024年5月19日 20:06 ]

ボートレース平和島のG2モーターボート大賞優勝の奈須啓太
Photo By スポニチ

 ボートレース平和島のG2モーターボート大賞(優勝賞金490万円)の優勝戦が行われ、1号艇の奈須啓太(40=福岡)が逃げ切って、特別戦(G2以上)初制覇を飾った。2着は大池佑来(37=東京)、3着は宮之原輝紀(26=東京)。節間売り上げは48億1407万4900円で目標の43億円を上回った。

 平和島で初開催されたG2競走。その頂点に立ったのは不惑のベビーフェースだった。ファイナルはインからコンマ04のトップスタート。「ハナを切れたし、水面も穏やかだったので落ち着いて回れた」。平和島の最高2連対率エンジンのパワーを信じ、横綱相撲で締めくくった。表彰式後、優勝戦を戦った福岡支部の前田将太と水神祭で水面にドボン。濡れ髪イケメンが満面の笑みを浮かべた。

 過去2回G1優勝戦を経験しているが、デビュー19年でようやくG2以上のタイトルを獲得した。予選2位で、同1位の栗城匠の準優勝戦フライングにより巡ってきた絶好枠。「こういう緊張感を味わったことがなかった」と明かしたが、またとないチャンスをモノにしてみせた。

 ◇奈須 啓太(なす・けいた)1983年(昭58)8月17日生まれ、福岡県出身の40歳。96期生として、05年5月福岡でデビュー。07年9月、児島新鋭リーグで初優勝。通算4532走1126勝。優勝15回。同期は平本真之、新田雄史、篠崎元志ら。1メートル59、52キロ。血液型A。

続きを表示

「マーメイドS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年5月19日のニュース