【盛岡11R・イーハトーブマイル】ミヤギシリウスV奪回

[ 2024年5月19日 09:30 ]

地元馬同士でV奪回を狙うミヤギシリウス(右・岩手県競馬組合提供)
Photo By 提供写真

 岩手3歳勢によるマイル重賞は(9)ミヤギシリウスのV奪回に期待する。地方交流の前走は他地区馬相手に攻めた騎乗。地元勢最先着とはならなかったが4着なら悪くない。昨年の2歳重賞で2着がある盛岡マイル戦。コース替わりも味方する。

 サクラトップキッドが逆転を狙う。最後は確実に伸びる馬。6着の前走だが先着を許した5頭は強すぎたフジユージーンに他地区からの遠征馬だ。再び2勝を挙げる盛岡コース。一気に伸びて上位へ食い込む。レッドオパールも侮れない。4走前の重賞に今年初戦の準重賞と連勝した実績は見劣らない。好位で流れに乗ればここも首位争いが可能だ。サンエイキャノンの前走は強敵相手に加え、距離も長かったか。1F短縮がプラスになれば粘り込める。名古屋から転入後1、2、1着と好調続くエイシンポロシリを押さえに。

 ▼コンバットスプーン(三野宮師)減った馬体がまだ戻り切っていない。多少は良くなっているが入着があればいいところ。

 ▼ビッグサララルーフ(伊藤和師)結果は出てないけど状態は悪くない。盛岡になり差す競馬がハマれば。

 ▼サクラトップキッド(伊藤忍師)前走後も変わりなく順調に来ている。今回もこれまで通り末脚を生かす競馬で上位を狙う。

 ▼ドリームキャッチ(佐藤祐師)転入初戦の勝ちっぷりを考えると物足りない走り。チークピーシズを着けるので効果があれば。

 ▼レッドオパール(菅原勲師)左回りの調教が良くない感じ。初の盛岡コースをこなせるかが鍵だと思う。

 ▼バウンスライト(伊藤忍師)JRAから転入後2連勝と底を見せていない。重賞となり一気に相手は強くなるが、どこまでやれるか楽しみにしている。

 ▼リトルカリッジ(菅原右師)2度使ったが全く良くなってこない。昨年の重賞を勝った時を知っているだけに、良化するまで時間がかかりそう。

 ▼エイシンポロシリ(小林俊師)強めに追い切れたし状態は悪くない。盛岡のワンターンもこの馬に向くと思う。あとは重賞となってどこまでやれるかだけ。

 ▼ミヤギシリウス(畠山師)前走の状態はキープしている。盛岡のマイル戦で2着がある馬。抜けた馬が不在の3歳重賞ならチャンスはあると思う。

 ▼オフビート(斎藤雄師)近走の走りから強気にはなれない。好相性の鞍上になって変わり身がないかな。

 ▼セイバイラック(板垣師)水沢ではラストの伸びがひと息だった。盛岡コースになって変わってほしい。

 ▼サンエイキャノン(佐藤浩師)前走は勝ち馬が強すぎた。再び先行して結果を残せなければ短距離路線に行こうと思う。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月19日のニュース