競輪選手 酸素カプセルで意識不明…宇都宮の施設

[ 2024年4月13日 04:10 ]

 12日午前11時ごろ、宇都宮市田野町のトレーニング施設の酸素カプセル内で2人が体調不良を訴え、病院に搬送された。栃木県警によると、競輪選手の男性(57)=栃木県鹿沼市上野町=が意識不明の重体、施設関係者の女性(53)=鹿沼市見野=も治療を受けた。

 県警が詳しい状況を調べている。カプセルは直径約2メートル、長さ約6メートルの円筒形で、男性は気圧を下げてトレーニングをしていたとみられる。

続きを表示

「マーメイドS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月13日のニュース