京都牝馬S勝ちソーダズリングが蹄の痛みで休養へ

[ 2024年4月13日 20:39 ]

ソーダズリング
Photo By スポニチ

 今年2月の京都牝馬Sを制したソーダズリング(牝4=音無)は右前蹄の痛みを発症し休養する。社台レースホースが公式サイトで発表した。

 同馬は3月の高松宮記念14着後、栗東トレセン近郊の牧場に放牧に出ていた。既に治療を施され、症状の回復には蹄が伸びる時間が必要なことから、13日に山元トレセン(宮城県)に移動した。

続きを表示

「マーメイドS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月13日のニュース