【アーリントンC】福永師 重賞初挑戦チャンネルトンネルは3着「パドックでのイレ込みが…」

[ 2024年4月13日 16:17 ]

G3・アーリントンC ( 2024年4月13日    阪神芝1600メートル )

<アーリントンC>3着のチャンネルトンネル(撮影・亀井 直樹) 
Photo By スポニチ

 G3・アーリントンカップはディスペランツァ(牡3=吉岡)が制し、重賞初制覇を飾った。

 福永師が初めて重賞に送り出したチャンネルトンネル(牡3)は3着。「イレ込みがキツかったね。それが次の課題になってくる。レース自体はジョッキーがうまく乗ってくれて、言うことはなかった。最後のひと踏ん張りを見ると、パドックでのイレ込みが惜しまれる。次は状態を見て無事ならNHKマイルCに向かいます」と話した。

 騎乗した坂井は「レース前にテンションが上がるところはあったがレースでは落ち着いて走ってくれました。まだ幼いところはあるが、しっかり脚を使ってくれる。着差が着差だけに悔しいですが、内容は悪くなかったです」と振り返った。

続きを表示

「マーメイドS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月13日のニュース