【中山GJ】イロゴトシでVの黒岩 藤岡康太さん死去に「今でも心がぐらぐら」 ファンに求めた“ひと言”

[ 2024年4月13日 18:13 ]

J・G1中山グランドジャンプ ( 2024年4月13日    中山障害4250メートル )

<中山GJ>最終障害を飛越するイロゴトシ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 13日のJ・G1中山グランドジャンプは、2番人気イロゴトシ(牡7=牧田)が制し、連覇を達成した。

 レース後の勝利ジョッキーインタビュー。タイトルに導いた黒岩は「イロゴトシは強いんだとみなさんに見せられたのが何よりうれしい。飛越も上手、スタミナもスピードもあるけど、馬としてのポテンシャルが高い」と相棒を称えた。

 インタビューの終盤、「1ついいですか」と、10日に35歳の若さで亡くなった藤岡康太さんについて言葉を紡いだ。

 「凄いいい奴で、今でも心がぐらぐらして、考えられないけど、騎手はじめ馬に携わる人たちは文字通り命がけで競馬を盛り上げようとしています」とし、「彼は半ばでもう馬に乗ることはないんですけど、これまで全力で命がけで彼も来て。これからは空の上でずっと僕たちの応援、これからもしてくれると思うので、ご覧になっている競馬ファンのみなさまはひと言でいいので、康太に『おつかれさん』とひと言、言ってやってください。お願いします」と声を詰まらせた。

続きを表示

「2024 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2024年4月13日のニュース