【阪急杯】戦い終えて

[ 2024年2月26日 05:25 ]

 ▼2着アサカラキング(斎藤)重賞でも自分の競馬はできて(勝ち馬の)目標にされる形でも、よく頑張ってくれました。

 ▼3着サンライズロナウド(古川吉)内枠を利す競馬で、もうちょっとだったね。坂を上がってから一緒の脚になったけど確実にステップアップしている。

 ▼4着サトノレーヴ(小崎)自信を持って乗りました。ダッシュ力は抜けていた。距離も苦手ではないし、ガッツもありました。

 ▼5着ボルザコフスキー(ムルザバエフ)よく走ってくれました。距離は千四でもマイルでも。重馬場も向いていた。

 ▼6着ルプリュフォール(岩田康)もっと我慢しないと。上位狙うなら、もっと辛抱しないと。

 ▼7着ホープフルサイン(原)内枠が欲しかった。いい枠なら、このメンバーでも…と思います。

 ▼8着カルロヴェローチェ(酒井)いつもテンションが高いが今日はパドック、返し馬でも我慢できていた。スタートしてからもエキサイトせず行けた。テンから力まず走れたのは収穫。

 ▼9着ダノンティンパニー(ルメートル)リズム良く走ってくれたが、馬場が良くなかった。馬場違えば結果も違ったはず。

 ▼10着スマートクラージュ(池添)体的にまだ良化途上。距離は千二の方がいいね。

 ▼11着デュガ(松若)出遅れたけど3、4コーナーはいい感じ。開幕週の馬場で前も止まらなかった。

 ▼12着ワールドウインズ(角田河)重い馬場でペースも速かったけど、その中でよく頑張ってくれました。

 ▼13着メイショウチタン(藤岡康)先手を取れれば、と思っていたけど切り替えて2番手。4コーナーで手応えが怪しくなった。

 ▼14着サトノアイ(田口)スタートしてリズム良く走れた。3、4コーナーでノメって、その分ですかね。

 ▼15着タマモブラックタイ(角田和)付いて行くのに精いっぱい。良さが出なかった。

 ▼16着エンペザー(高倉)ポジションを取りに行ってくれ、との指示。しっかり出して行った。最後まで一生懸命走ってくれた。

 ▼17着メイショウホシアイ(泉谷)馬場が合わなかった。この馬の走りじゃなかった。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年2月26日のニュース