【中山記念】戦い終えて

[ 2024年2月26日 05:20 ]

 ▼2着ドーブネ(吉田隼)内の馬が速くてハナを取り切るまでに時間がかかったけど、その後はいいリズムで運べた。パンパンの馬場の方が良かったと思うけど、無事に賞金加算できて良かった。

 ▼5着マイネルクリソーラ(津村)ゲートで横を向いて出負けしてしまった。直線では外からいい脚。重賞を勝てる馬になりそうです。

 ▼6着タイムトゥヘヴン(大野)久々のコーナー4度だったが、いい感じだった。馬場も気にせず走り切れていたし、このメンバーで頑張ってくれている。

 ▼7着エルトンバローズ(西村淳)ノメっていたし、馬場がしんどかった。こんなに負ける馬ではない。

 ▼8着ホウオウリアリティ(菅原明)行こうと思っていたけど、他の馬が速くてあの形になってしまった。

 ▼9着ラーグルフ(三浦)雰囲気は良かったけど…。前走に続き悪い馬場。返し馬から下を気にしていた。

 ▼10着ボーンディスウェイ(木幡巧)取りたい位置が取れなかった。パンパンの馬場が良かったけど、出せる力を出し切れた。

 ▼11着ヒシイグアス(キング)よく走ってくれているけど、馬場に泣かされた。走りが空回りしていた。

 ▼12着ソーヴァリアント(武豊)4角までは手応えが良かったけど、直線に向いてバッタリ。道中、力んでいた分かな。

 ▼13着エエヤン(M・デムーロ)自分のリズムで運べればと思ったけどかなわなかった。気持ちが切れてしまったね。

 ▼14着テーオーシリウス(永野)自分の形に持ち込めなかった。馬場に脚を取られていた。

 ▼15着レッドモンレーヴ(横山和)気持ちの面が乗っていなかった。集中力という点では1800メートルは長いのかも。

 ▼16着イルーシヴパンサー(岩田望)3角までは手応え良かったけど、一気に気持ちが切れた感じ。本来の走りができなかった。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年2月26日のニュース