×

【サウジアラビア国際競走】ビュイック、コロナ陽性で騎乗できず…コパノキッキングはイーガンに乗り替わり

[ 2022年2月25日 21:16 ]

 26日のサウジアラビア国際競走(キングアブドゥルアジーズ競馬場)で騎乗予定だったウィリアム・ビュイック(33)が新型コロナ検査で陽性反応を示したため、騎乗できなくなった。25日、サウジアラビアジョッキークラブが発表。

 7R・リヤドダートスプリント(G3、ダート1200メートル)のコパノキッキング(セン7=村山、父スプリングアトラスト)はデビッド・イーガン(22)に乗り替わりとなる。

続きを表示

「札幌記念」特集記事

「北九州記念」特集記事

2022年2月25日のニュース