×

クロノジェネシス ラストラン有馬記念に向けて栗東帰厩

[ 2021年12月3日 05:30 ]

有馬記念に向けて栗東トレセンに帰厩したクロノジェネシス
Photo By 提供写真

 有馬記念がラストランとなるクロノジェネシス(牝5=斉藤崇)が2日、栗東トレセンに帰厩した。斉藤崇師は「これから状態は上がってくると思います。最後まで頑張ってほしい」とグランプリ4連覇に向け、調整を進めていく。10月の凱旋門賞7着から帰国後は、栗東近郊のノーザンファームしがらきに放牧に出されていた。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2021年12月3日のニュース