【ステイヤーズS】アイアンバローズ 初の3000以上も好気配、陣営「体はできています」

[ 2021年12月3日 05:30 ]

 未知との遭遇はいつだってワクワクする。アイアンバローズは今回一気の距離延長。3000メートル級のレースを走るのは初めて。これにはジョッキーの進言もあったと上村助手は話す。

 「前走は折り合えたし、スタミナがあると言ってくれました。ゴールを過ぎた後、勝ったオーソリティを抜かして走るくらいでしたから。距離は問題ないと思っていますし、続けて乗ってくれるのもいいですね」

 テン乗りだった石橋に大きな信頼を寄せた。中3週ながら、この中間は坂路とCWコースを併用して丹念な乗り込み。叩き3走目、好気配を維持している。

 「この秋3走目になりますし、体はできています。この中間は折り合いを重視して調整しています」

 オルフェーヴル産駒は昨年3頭出しで1、2、5着と掲示板に載せた。今年は長距離界の新星に期待しよう。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2021年12月3日のニュース