×

【取手】伏見 3番手で折り合い「宮城と福島は一緒のようなものだし点数順」

[ 2021年12月3日 05:30 ]

 GP2Vの伏見は前回が久々の優勝。「1年9カ月ぶりの優勝だった。地元だったし、5車連係とはいえ菅田(壱道)も先行ではなかった。それを差しての優勝。気持ちが良かった」と笑顔で振り返った。勢いそのままに臨む初日特選。タイトルを獲らせてもらったこともある同県・山崎の番手を回るかと思われたが、大槻が番手。伏見は3番手で折り合った。「大槻君はずっと一緒にやってきたし頑張っているのも知っている。宮城と福島は一緒のようなものだし点数順です」と説明。前回の出来なら3番手でも侮れない。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2021年12月3日のニュース