×

【チャレンジC】ソーヴァリアント 直線で鋭く反応、大竹師「いい時計出た」

[ 2021年12月2日 05:30 ]

 セントライト記念2着のソーヴァリアント(牡3=大竹)はWコースで併せ馬。ショウナンアオゾラ(5歳3勝クラス)を2馬身追走。直線は鋭く反応して半馬身先着した。大竹師は「輸送もあるので仕上げすぎないようにした。持ったままで、いい時計が出た」と満足顔。「前走の2200メートルより2000メートルの方が競馬はしやすい。輸送が鍵だが、メンタル面は少しずつ成長している」と期待を込めた。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2021年12月2日のニュース