×

【阪神新馬戦】ティントリップ 一気突き抜けた、松若は今後の成長期待

[ 2021年11月29日 05:30 ]

<阪神4R新馬戦>直線でクールココナヒメ(右)を突き放すティントリップ(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 阪神4R・新馬戦(ダート1200メートル、牝馬限定)は1番人気ティントリップ(杉山晴、父ロードカナロア)は五分のスタートから道中2番手を追走。ラスト1Fでスピードに乗ると逃げ粘りを図る2着クールココナヒメに2馬身半差で一気に突き抜けた。

 松若は「ダートの走りは良かったです。ただ(道中で)ハミを抜いたり、テンパったりと幼い面がある。気持ちをコントロールできるようになれば」と素質を評価した上で今後の成長に期待を寄せた。次走は未定。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年11月29日のニュース