×

【阪神新馬戦】メイショウラナキラ4馬身差圧勝、直線加速で上がり最速

[ 2021年11月29日 05:30 ]

<阪神新馬戦>2着に4馬身差をつけデビュー戦に勝利したメイショウラナキラ(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 阪神6R・新馬戦(芝2000メートル)は1000メートル通過が1分5秒9のスローペースで4番人気メイショウラナキラ(牡=南井、父ドゥラメンテ)は後方を追走。ジワッと内から進出して4コーナーで先頭に並びかけると直線グンと加速した。メンバー最速の上がり3F35秒2で2着ムーランシャタンを4馬身突き放し、初陣Vを決めた。

 泉谷は「芝の走りが良くて道中の手応えも良く、しっかり脚を使ってくれました」と回顧。南井師は「跳びが大きく、芝は向いていると思った。いい走りっぷりだったし、今後は様子を見てから決めます」と先を見据えた。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年11月29日のニュース