×

引退が決まったマテラスカイはブリーダーズSSで種牡馬入り 高野助手夢の続きは「子供でG1制覇を」

[ 2021年11月29日 19:23 ]

マテラスカイ
Photo By スポニチ

 18年プロキオンS、20年クラスターカップと短距離ダート重賞を2勝したマテラスカイ(牡7=森、父スペイツタウン)が28日付で競走馬登録を抹消された。

 中央、地方だけでなくドバイ、米国、サウジアラビアと海を越えて活躍。通算36戦7勝、米国に遠征した6日のブリーダーズカップスプリント5着がラストランとなった。

 今後はブリーダーズ・スタリオン・ステーション(北海道日高町)で種牡馬になる。高野助手は「海外遠征など、どこに行っても信頼できて、いろいろな景色を見せてくれました。これからは父として頑張ってほしい」とエールを送りつつ「G1に手が届かなかったのでマテラスカイの子供でG1制覇の夢をかなえたいです」と気持ちを新たにしていた。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年11月29日のニュース