×

【ジャパンC】オーソリティ 2着踏ん張った、ルメールは称賛「完璧」

[ 2021年11月29日 05:30 ]

<ジャパンC>2着でレースを終え引き揚げるルメールとオーソリティ(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 4コーナー2番手から2着に踏ん張ったのが3番人気のオーソリティ。直線、後ろから迫ったのは今年と昨年のダービー馬。同期の星コントレイルの背は見送ったが、年下シャフリヤールは意地でも抜かせなかった。

 ルメールは「坂を上がって疲れてしまったが完璧だった。コントレイルは強い馬ですね」とライバルに賛辞を贈った。木村師は悔しがりながらも「来年はタイトルを獲らせてあげたい。また、いい状態で来年のジャパンCを迎えられたら」と先を見据えた。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年11月29日のニュース